大岸歯科クリニック|仙台市若林区、歯科医院|インプラント、審美歯科、歯科一般、口腔外科、歯周病、矯正歯科、ホワイトニング、訪問診療

大岸歯科クリニック当院の特色タイトルバー

大岸歯科クリニックインプラント

インプラントとは

インプラント治療は、歯の抜けた部位に人工の歯根(しこん)を外科手術により埋め込んで、人工歯根が顎(あご)の骨に固着した後に、人工の歯冠を上から装着する治療法です。インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃(歯磨)と定期的な検診を継続することで長期的に良好な予後が期待できます。

インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様な感覚で噛むことができ、噛む力、味覚が低下しないことです。また周囲の健全歯を傷つけず、審美性(外見上)についても申し分ありません。

 

インプラントの短所

インプラントの留意点としては、手術(抜歯と同程度の外科手術)が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所(顎)の骨が少ない場合など、場合によっては治療できない場合もあります。

インプラントとブリッジ・入れ歯などの治療比較

ブリッジ・入歯など

インプラント

隣接する歯を1〜2本失ったケース

大岸歯科クリニックインプラントイラスト01

●噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすい
●歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまう

大岸歯科クリニックインプラントイラスト02

●健康な歯に干渉しないため、自分の歯を保つことができる
●歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保つことができる

奥歯を含めて複数本歯を失ったケース

大岸歯科クリニックインプラントイラスト03

●金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる
●常に違和感がある
●金属のバネが見えて、見栄えが良くない
●金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除をしないと虫歯や口臭の原因となる

大岸歯科クリニックインプラントイラスト04

●インプラントは時間の経過とともに顎の骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
●単独で処置するので、健康な歯をそのまま保つことができる
●外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない
●特別なケアの必要がない

全ての歯を失ったケース

大岸歯科クリニックインプラントイラスト05

●入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
●硬いものが噛めない
●入れ歯が舌を塞いで味がわからない
●食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり、痛む
●顎がやせてしまうために老けて見える

大岸歯科クリニックインプラントイラスト06

●インプラントはあごの骨に固定されるため、ぐらつかない
●天然の歯と変わらない感覚で噛んだり、味わうことができる
●食べ物が挟まることはほとんどない
●天然の歯と同様の外観を保つため、老けて見えることはない

施術フロー

大岸歯科クリニックインプラント治療フロー

大岸歯科クリニックインプラントフローイメージ

一般検査(歯周病、虫歯)・歯科用CT・お口の中の写真・噛み合わせ・全身状態を検査してインプラントが可能かどうか検討いたします。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

大岸歯科クリニックカウンセリング

治療内容や期間・治療中の注意点から治療後のケアにいたるまで詳しく説明したします。また、また、CT検査・模型診査(WAX UP)により理想的な歯の位置やお口の全体的な審美性や咬みあわせバランスの診断、治療計画・立案いたします。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

大岸歯科クリニックインプラントフロー

お口の中の環境を整えるため歯石除去(スケーリング)、歯周細菌を抑えるためクロルヘキシジン(プラークアウト・コンクール)などの薬剤を使用します。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

大岸歯科クリニックインプラントフロー

完全に無菌化された器具と専用ユニット(術前用、OPE用)を使用してインプラトの治療になります。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

大岸歯科クリニックインプラントフロー

通常15分から長くても1時間程度で終わり麻酔も通常の抜歯の時とかわりません。 術中にほとんど痛みはありませんので、ご安心下さい。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

約1週間後に抜糸し、傷口の確認とお手入れの方法についてお話します。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

インプラント埋入後2~3ヶ月は骨と固定される時間をまちます。 固定される日数は個人差があり、骨の柔らかい人などは4~6ヶ月かかる場合もあります。

大岸歯科クリニックインプラントフロー

大岸歯科クリニックインプラント模型

固定された後に歯型をとり、セラミック製の歯などの装着と噛み合わせのチェックをします。

歯科用CTによる正確な診査を行います。

安全なインプラント治療には正確な術前診査が必要です。CTは、様々な顎の骨の状態を3次元の立体画像にて正確に診査することができます。当院においてもCTによる正確な診査・診断 → 手術 → 術後ケアまで一貫して行うことで、患者様のご負担を軽減しました。 最大のメリットは、正確な診査により安全なインプラント治療ができるということです。

大岸歯科クリニックCT

骨量が不足している場合の補助的施術

GBR

GBRは、欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。
インプラントの埋入前または埋入後に自家骨または骨補填剤を入れ、人工メンブレンで覆い骨の再生を促します。再生後に人工歯を装着します。

サイナスリフト

サイナスリフトは歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから骨造成を行なう施術です。上顎の骨の厚みが5mmより少ないときに行います。インプラントを同時に埋入する場合もありますが、多くはまず骨造成のみを行い、骨がしっかりできるまでに約6ヶ月待ちます。骨が固まったらインプラントの埋入になります。

ソケットリフト

ソケットリフトは、歯の生えていた部分から(歯を抜いたときはその穴から)行なう施術です。上顎の骨の厚みが5mm~10mmと少々不足しているときに行います。骨造成と同時にインプラントを埋入することができますので、サイナスリフトにくらべ期間が短縮されます。また体への負担もサイナスリフトと比べると少なく腫れや痛みがほとんどありません。

スプリットクレスト

骨の幅が少ないときに行います。左右に骨を広げ、その隙間にインプラントを埋め込む施術です。インプラントと骨とのスペースに、骨補填剤(患者様自身の骨や人工骨)を充填し、骨を再生させます。

インプラントの施術や抜歯が怖い方に

静脈内鎮静法

当院ではリラックス効果の高い笑気麻酔の他、さらに高い効果を持つ鎮静薬を血管内に注入する静脈内鎮静法を行なっております。笑気麻酔では十分な効果が得られない患者様の親知らずの抜歯、インプラント手術をおこなう場合に使用します。強い効果が得られる反面、安全に行なうためには麻酔専門医による全身管理が必要となりますが、当院では安全な設備のもと、医科麻酔専門医が行います。手術に恐怖心が強い方や、嘔吐反射が強い方はご相談ください。

大岸歯科クリニック麻酔

症例

症例1

症例01症例01

症例2

症例02症例02

症例3

症例03症例03

大岸歯科クリニック|仙台市若林区、歯科医院|インプラント、審美歯科、歯科一般、口腔外科、歯周病、矯正歯科、ホワイトニング、訪問診療

大岸歯科クリニックロゴ