マウスピース矯正について

about mouthpiece orth

マウスピース矯正とはオーダーメイドの見えない矯正です。

0.5mmの薄く透明な素材で作られたマウスピースを約2週間ごとに交換し、少しずつ理想的な歯並びにしてまいります。

マウスピースは「iTero」による患者様に負担をかけることのない、精密なスキャニングと「クリンチェック」という3次元シミュレーションプログラムで立案した治療計画に基づき製作します。

作られたマウスピースを定期的に交換していくことで治療ゴールである理想的な歯並びまで少しずつ歯を動かしていきます。

当院では米アライン・テクノロジー社が開発したインビザラインを導入しています。

インビザラインシステムの特徴

system features

1997年に歯科矯正先進国であるアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる矯正治療システムです。2006年に日本に導入され、全世界650万症例を超える臨床データをもとに作成される治療計画の精度が非常に高いことが特徴です。

『治療のゴールが術前に確認できる。』

「iTero」による口腔内スキャニングと「クリンチェック」というシュミレーションソフトにより、術前に歯の動きを3D画像で確認することができ、治療前に治療後の歯並びをイメージすることが可能です。

『治療期間の予測ができる。』

治療開始から治療終了までの来院日や、治療期間(マウスピースの枚数)がわかり、計画的に治療に取り組むことができます。

『高精度なオーダーメイドマウスピース』

「iTero」により得られた3Dデータとレントゲンなどの精密検査から、インビザラインライセンスを取得した歯科医師が「クリンチェック」により治療計画を立案し、患者様一人一人に合わせた治療終了時までのマウスピースを一度に製造します。

インビザラインとインビザライン iGO

two types of treatment

インビザライン(全顎矯正治療)

invisalign

全ての歯を理想的に矯正できるシステムです。

マウスピースの枚数に制限がなく、凸凹が大きい歯並び、八重歯、前歯が咬んでいない開咬や出っ歯、奥歯のかみ合わせをなおしたい場合や、抜歯が必要な場合、など幅広い症例に適応できます。

治療ゴールの設定変更や、治療期間の変更ができるというメリットもあります。

※歯並びの状態によっては、従来のワイヤー矯正が適している場合や、治療期間中にワイヤーが必要になる場合もあります。

症例 1

上下顎の叢生(歯並びの凸凹)に加え、犬歯が八重歯の状態になっています。

更に奥歯が咬み合わない部分があるため、咬み合っている歯に大きな負担がかかっています。全顎矯正により、見た目の審美性だけではなく咬み合わせのバランスをとることで、将来的に歯を失うリスクを下げることにもつながります。

症例 2

上下顎の叢生(歯並びの凸凹)に加え、咬合時に下の前歯が見えないくらい咬み合わせが深くなっています。

全顎矯正により深い咬み合わせと叢生を改善することで、清掃性がよくなり虫歯や歯周病のリスクを下げ、見た目の改善だけではなく奥歯の負担を軽減することにつながります。

インビザライン iGO(部分矯正治療)

invisalign iGO

前歯を中心に部分的に歯を矯正するシステムです。

例えば、前歯の凸凹だけを治したい、歯と歯の間のスペースを閉じたい、ブリッジやインプラントをするために歯並びを整えたい、一部のかみ合わせを正常に戻したい、など部分的な治療に適しています。

最大20枚のマウスピース(5か月以内)で完了する計画で、治療ゴールの変更はできません。

症例 1

症例 2

下の前歯に限局した叢生(歯並びの凸凹)があります。清掃性が悪く虫歯のリスクがあるだけではなく、咬み合わせた時の上の前歯に負担をかけています。部分矯正により、3か月程度での改善が想定できます。

歯と歯の間にスペースがあります。詰め物などで治療するとスペース分が大きな歯になってしまい審美的によくありません。部分矯正によりスペースを閉じることにより、歯のダメージを最小限にした審美性の改善が期待できます。

担当歯科医師

dentist in charge

鈴木 祐

 インビザラインiGo担当

依田 詩生里

 インビザライン担当

■ インビザライン認定歯科医

■ 日本矯正歯科学会 認定医

■ インビザラインGO認定歯科医

■ 日本臨床歯科学会 東北支部長

インビザラインのメリットとデメリット

advantages and disadvantages

メリット

① 見えない・目立たない

透明で薄いマウスピースのため、装着しても見た目ではほとんどわかりません。

② 痛みが少なく口にやさしい

従来のワイヤー矯正のような、頬の内側や舌、唇を傷つけることはまずありません。また、歯の移動量がマウスピースによりコントロールされているため、大きな歯の痛みもありません。

③ 食事を楽しめる・衛生的

食事や歯磨きの際は取り外しが可能のため、従来どおり食事が楽しめ、虫歯や歯周病のリスクも低く衛生的です。

④ 通院回数が少ない・治療時間が短い

ご自宅で1~2週間に一度マウスピースを交換していただく矯正治療です。1~2か月に一度、15~30分程度の治療時間です。従来のワイヤー矯正治療よりも少ない通院、短い時間で治療が行えます。

⑤ 金属アレルギーの方も安心・安全

マウスピースは、特殊なプラスチック素材でできているため、金属アレルギーをお持ちの方にも安心です。

デメリット

① 装着時間の厳守

自分でマウスピースの取り外しが出来るため、つけ忘れや装着時間の不足から治療の遅延を引き起こす可能性があります。1日20時間以上の装着を自己管理でお願いしております。

② 推奨できない症例

インビザラインシステムの進歩により、幅広いケースに適応していますが、対応が難しいケース、ワイヤー矯正が推奨されるケースもありますので担当医にご相談ください。当院では従来のワイヤー矯正治療も行っております。

インビザラインとワイヤー矯正の比較

comparison of invisalign and conventional

目立たなさ

喋りやすさ

歯磨きのしやすさ

装着時間の目安

歯型を採る回数

装置の交換

歯の動き方

費 用

来院の間隔

痛み・違和感

成長期の治療

主な適応症

苦手な治療

なし(iTeroスキャニングのみ)

1マウスピースにつき0.25ミリ

なし(精密検査の際のみ)

インビザライン

ワイヤー矯正

表 側

裏 側

20時間以上/1日

1週間に1度

常時装着、取り外し不可

なし

治療内容による

通常毎月1回

なし

さまざまな症例の全顎矯正にフレキシブルに対応可能

調整後の3~5日ほど多少の痛みや違和感がある

通常裏側矯正より安め

1~2ヶ月に1度

ワイヤー矯正より少なめ

できる

できる

ワイヤー矯正とほぼ同様に適応可能

抜歯症例における移動方向へと傾いた歯の改善

症例による

同症例なら表側より高め

コンテンツ

  HOME

  マウスピース矯正について

  お問合せ

医院情報

■ 診療科目

歯科一般、口腔外科、歯周病、矯正歯科、

インプラント、審美歯科、

ホワイトニング、訪問診療

■ 診療時間

9:00〜12:30 14:00〜19:00
※ 土曜日/18:00

休診日/日曜日、祝日

■ アクセス

〒984-0065 宮城県仙台市若林区土樋 244

TEL:022-266-6270

MAIL:info@ohgishi-dent.com

(C) OHGISHI Dental Clinic all right reserved

マウスピース矯正について

about mouthpiece orth

マウスピース矯正とはオーダーメイドの見えない矯正です。

0.5mmの薄く透明な素材で作られたマウスピースを約2週間ごとに交換し、少しずつ理想的な歯並びにしてまいります。

マウスピースは「iTero」による患者様に負担をかけることのない、精密なスキャニングと「クリンチェック」という3次元シミュレーションプログラムで立案した治療計画に基づき製作します。

作られたマウスピースを定期的に交換していくことで治療ゴールである理想的な歯並びまで少しずつ歯を動かしていきます。

当院では米アライン・テクノロジー社が開発したインビザラインを導入しています。

インビザラインシステムの特徴

system features

1997年に歯科矯正先進国であるアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる矯正治療システムです。2006年に日本に導入され、全世界650万症例を超える臨床データをもとに作成される治療計画の精度が非常に高いことが特徴です。

『治療のゴールが術前に確認できる。』

「iTero」による口腔内スキャニングと「クリンチェック」というシュミレーションソフトにより、術前に歯の動きを3D画像で確認することができ、治療前に治療後の歯並びをイメージすることが可能です。

『治療期間の予測ができる。』

治療開始から治療終了までの来院日や、治療期間(マウスピースの枚数)がわかり、計画的に治療に取り組むことができます。

『高精度なオーダーメイドマウスピース』

「iTero」により得られた3Dデータとレントゲンなどの精密検査から、インビザラインライセンスを取得した歯科医師が「クリンチェック」により治療計画を立案し、患者様一人一人に合わせた治療終了時までのマウスピースを一度に製造します。

インビザラインとインビザライン iGO

two types of treatment

インビザライン(全顎矯正治療)

invisalign

全ての歯を理想的に矯正できるシステムです。

マウスピースの枚数に制限がなく、凸凹が大きい歯並び、八重歯、前歯が咬んでいない開咬や出っ歯、奥歯のかみ合わせをなおしたい場合や、抜歯が必要な場合、など幅広い症例に適応できます。

治療ゴールの設定変更や、治療期間の変更ができるというメリットもあります。

※歯並びの状態によっては、従来のワイヤー矯正が適している場合や、治療期間中にワイヤーが必要になる場合もあります。

症例 1

上下顎の叢生(歯並びの凸凹)に加え、犬歯が八重歯の状態になっています。更に奥歯が咬み合わない部分があるため、咬み合っている歯に大きな負担がかかっています。全顎矯正により、見た目の審美性だけではなく咬み合わせのバランスをとることで、将来的に歯を失うリスクを下げることにもつながります。

症例 2

上下顎の叢生(歯並びの凸凹)に加え、咬合時に下の前歯が見えないくらい咬み合わせが深くなっています。全顎矯正により深い咬み合わせと叢生を改善することで、清掃性がよくなり虫歯や歯周病のリスクを下げ、見た目の改善だけではなく奥歯の負担を軽減することにつながります。

インビザライン iGo(部分矯正治療)

invisalign iGO

前歯を中心に部分的に歯を矯正するシステムです。

例えば、前歯の凸凹だけを治したい、歯と歯の間のスペースを閉じたい、ブリッジやインプラントをするために歯並びを整えたい、一部のかみ合わせを正常に戻したい、など部分的な治療に適しています。

最大20枚のマウスピース(5か月以内)で完了する計画で、治療ゴールの変更はできません。

症例 1

症例 2

下の前歯に限局した叢生(歯並びの凸凹)があります。清掃性が悪く虫歯のリスクがあるだけではなく、咬み合わせた時の上の前歯に負担をかけています。部分矯正により、3か月程度での改善が想定できます。

歯と歯の間にスペースがあります。詰め物などで治療するとスペース分が大きな歯になってしまい審美的によくありません。部分矯正によりスペースを閉じることにより、歯のダメージを最小限にした審美性の改善が期待できます。

担当歯科医師

dentist in charge

 インビザライン担当

依田 詩生里

■ インビザライン認定歯科医

■ 日本矯正歯科学会 認定医

 インビザラインiGo担当

鈴木 祐

■ インビザラインiGo認定歯科医

■ 日本臨床歯科学会 東北支部長

インビザラインのメリットとデメリット

advantages and disadvantages

メリット

① 見えない・目立たない

透明で薄いマウスピースのため、装着しても見た目ではほとんどわかりません。

② 痛みが少なく口にやさしい

従来のワイヤー矯正のような、頬の内側や舌、唇を傷つけることはまずありません。また、歯の移動量がマウスピースによりコントロールされているため、大きな歯の痛みもありません。

③ 食事を楽しめる・衛生的

食事や歯磨きの際は取り外しが可能のため、従来どおり食事が楽しめ、虫歯や歯周病のリスクも低く衛生的です。

④ 通院回数が少ない・治療時間が短い

ご自宅で1~2週間に一度マウスピースを交換していただく矯正治療です。1~2か月に一度、15~30分程度の治療時間です。従来のワイヤー矯正治療よりも少ない通院、短い時間で治療が行えます。

⑤ 金属アレルギーの方も安心・安全

マウスピースは、特殊なプラスチック素材でできているため、金属アレルギーをお持ちの方にも安心です。

デメリット

① 装着時間の厳守

自分でマウスピースの取り外しが出来るため、つけ忘れや装着時間の不足から治療の遅延を引き起こす可能性があります。1日20時間以上の装着を自己管理でお願いしております。

② 推奨できない症例

インビザラインシステムの進歩により、幅広いケースに適応していますが、対応が難しいケース、ワイヤー矯正が推奨されるケースもありますので担当医にご相談ください。当院では従来のワイヤー矯正治療も行っております。

インビザラインとワイヤー矯正の比較

comparison of invisalign and conventional

目立たなさ

喋りやすさ

装着時間の目安

歯磨きのしやすさ

歯型を採る回数

装置の交換

歯の動き方

費 用

来院の間隔

痛み・違和感

成長期の治療

主な適応症

苦手な治療

なし

(iTeroスキャニングのみ)

1マウスピースにつき0.25ミリ

インビザライン

1週間に1度

通常裏側矯正より安め

1~2ヶ月に1度

ワイヤー矯正より少なめ

可 能

ワイヤー矯正とほぼ同様に

適応可能

抜歯症例における移動方向へと

傾いた歯の改善

20時間以上/1日

可 能

なし(精密検査の際のみ)

ワイヤー矯正

表 側

裏 側

常時装着、取り外し不可

治療内容による

通常毎月1回

なし

なし

さまざまな症例の全顎矯正に

フレキシブルに対応可能

症例による

同症例なら

表側より高め

調整後の3~5日ほど多少の

痛みや違和感がある

コンテンツ

マウスピース矯正について

医院情報

■ 診療科目

歯科一般、口腔外科、歯周病、矯正歯科、
インプラント、審美歯科、

ホワイトニング、訪問診療

■ 診療時間

9:00〜12:30 14:00〜19:00
※ 土曜日/18:00

休診日/日曜日、祝日

■ アクセス

〒984-0065 宮城県仙台市若林区土樋244

TEL:022-266-6270

MAIL:info@ohgishi-dent.com

Ⓒ OHGISHI Dental Clinic all right reserved

マウスピース矯正について

about mouthpiece orth

マウスピース矯正とはオーダーメイドの見えない矯正です。

0.5mmの薄く透明な素材で作られたマウスピースを約2週間ごとに交換し、少しずつ理想的な歯並びにしてまいります。

マウスピースは「iTero」による患者様に負担をかけることのない、精密なスキャニングと「クリンチェック」という3次元シミュレーションプログラムで立案した治療計画に基づき製作します。

作られたマウスピースを定期的に交換していくことで治療ゴールである理想的な歯並びまで少しずつ歯を動かしていきます。

当院では米アライン・テクノロジー社が開発したインビザラインを導入しています。

インビザラインシステムの特徴

system features

1997年に歯科矯正先進国であるアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる矯正治療システムです。2006年に日本に導入され、全世界650万症例を超える臨床データをもとに作成される治療計画の精度が非常に高いことが特徴です。

『治療のゴールが術前に確認できる。』

「iTero」による口腔内スキャニングと「クリンチェック」というシュミレーションソフトにより、術前に歯の動きを3D画像で確認することができ、治療前に治療後の歯並びをイメージすることが可能です。

『治療期間の予測ができる。』

治療開始から治療終了までの来院日や、治療期間(マウスピースの枚数)がわかり、計画的に治療に取り組むことができます。

『高精度なオーダーメイドマウスピース』

「iTero」により得られた3Dデータとレントゲンなどの精密検査から、インビザラインライセンスを取得した歯科医師が「クリンチェック」により治療計画を立案し、患者様一人一人に合わせた治療終了時までのマウスピースを一度に製造します。

インビザラインとインビザライン iGO

two types of treatment

インビザライン(全顎矯正治療)

invisalign

全ての歯を理想的に矯正できるシステムです。

マウスピースの枚数に制限がなく、凸凹が大きい歯並び、八重歯、前歯が咬んでいない開咬や出っ歯、奥歯のかみ合わせをなおしたい場合や、抜歯が必要な場合、など幅広い症例に適応できます。

治療ゴールの設定変更や、治療期間の変更ができるというメリットもあります。

※歯並びの状態によっては、従来のワイヤー矯正が適している場合や、治療期間中にワイヤーが必要になる場合もあります。

症例 1

上下顎の叢生(歯並びの凸凹)に加え、犬歯が八重歯の状態になっています。更に奥歯が咬み合わない部分があるため、咬み合っている歯に大きな負担がかかっています。

全顎矯正により、見た目の審美性だけではなく咬み合わせのバランスをとることで、将来的に歯を失うリスクを下げることにもつながります。

症例 2

上下顎の叢生(歯並びの凸凹)に加え、咬合時に下の前歯が見えないくらい咬み合わせが深くなっています。全顎矯正により深い咬み合わせと叢生を改善することで、清掃性がよくなり虫歯や歯周病のリスクを下げ、見た目の改善だけではなく奥歯の負担を軽減することにつながります。

インビザライン iGO(部分矯正治療)

invisalign iGO

前歯を中心に部分的に歯を矯正するシステムです。

例えば、前歯の凸凹だけを治したい、歯と歯の間のスペースを閉じたい、ブリッジやインプラントをするために歯並びを整えたい、一部のかみ合わせを正常に戻したい、など部分的な治療に適しています。

最大20枚のマウスピース(5か月以内)で完了する計画で、治療ゴールの変更はできません。

症例 1

下の前歯に限局した叢生(歯並びの凸凹)があります。清掃性が悪く虫歯のリスクがあるだけではなく、咬み合わせた時の上の前歯に負担をかけています。部分矯正により、3か月程度での改善が想定できます。

症例 2

歯と歯の間にスペースがあります。

詰め物などで治療するとスペース分が大きな歯になってしまい審美的によくありません。部分矯正によりスペースを閉じることにより、歯のダメージを最小限にした審美性の改善が期待できます。

担当歯科医師

dentist in charge

 インビザライン担当

依田 詩生里

■ インビザライン認定歯科医

■ 日本矯正歯科学会 認定医

 インビザラインiGo担当

鈴木 祐

■ インビザラインiGo認定歯科医

■ 日本臨床歯科学会 東北支部長

インビザラインのメリットとデメリット

advantages and disadvantages

メリット

① 見えない・目立たない

透明で薄いマウスピースのため、装着しても見た目ではほとんどわかりません。

② 痛みが少なく口にやさしい

従来のワイヤー矯正のような、頬の内側や舌、唇を傷つけることはまずありません。

また、歯の移動量がマウスピースによりコントロールされているため、大きな歯の痛みもありません。

③ 食事を楽しめる・衛生的

食事や歯磨きの際は取り外しが可能のため、従来どおり食事が楽しめ、虫歯や歯周病のリスクも低く衛生的です。

④ 通院回数が少ない・治療時間が短い

ご自宅で1~2週間に一度マウスピースを交換していただく矯正治療です。1~2か月に一度、15~30分程度の治療時間です。

従来のワイヤー矯正治療よりも少ない通院、短い時間で治療が行えます。

⑤ 金属アレルギーの方も安心・安全

マウスピースは、特殊なプラスチック素材でできているため、金属アレルギーをお持ちの方にも安心です。

デメリット

① 装着時間の厳守

自分でマウスピースの取り外しが出来るため、つけ忘れや装着時間の不足から治療の遅延を引き起こす可能性があります。1日20時間以上の装着を自己管理でお願いしております。

② 推奨できない症例

インビザラインシステムの進歩により、幅広いケースに適応していますが、対応が難しいケース、ワイヤー矯正が推奨されるケースもありますので担当医にご相談ください。当院では従来のワイヤー矯正治療も行っております。

インビザラインとワイヤー矯正の比較

comparison of invisalign and conventional

表側

裏側

インビザライン

ワイヤー矯正

目立たなさ

喋りやすさ

歯磨きのしやすさ

装着時間の目安

20時間以上

/1日

常時装着、

取り外し不可

歯型を採る回数

装置の交換

歯の動き方

費 用

来院の間隔

痛み・違和感

成長期の治療

主な適応症

苦手な治療

なし

(iTeroスキャニングのみ)

なし

(精密検査の際のみ)

1週間に1度

なし

1マウスピースにつき0.25ミリ

治療内容による

症例による

同症例なら表側より高い

通常裏側矯正より安い

通常毎月1回

1~2ヶ月に1度

ワイヤー矯正

より少なめ

調整後の3~5日ほど多少の痛みや違和感がある

できる

できる

ワイヤー矯正とほぼ同様に適応可能

さまざまな症例の全顎矯正にフレキシブルに対応可能

抜歯症例における移動方向へと傾いた歯の改善

なし

コンテンツ

マウスピース矯正について

医院情報

■ 診療科目

歯科一般、口腔外科、歯周病、矯正歯科、

インプラント、審美歯科、

ホワイトニング、訪問診療

■ 診療時間

9:00〜12:30 14:00〜19:00
※ 土曜日/18:00

● 休診日/日曜日、祝日

■ アクセス

〒984-0065 宮城県仙台市若林区土樋244

TEL:022-266-6270

MAIL:info@ohgishi-dent.com

Ⓒ OHGISHI Dental Clinic all right reserved